ワールド・ファミリー広報室ブログ - 幼児・子供英語の「ディズニーの英語システム(DWE)」やスーパーキッズ、英語教育に関する情報を公開。

幼児・子供向け英語教材「ディズニーの英語システム(DWE)」でおなじみ、ワールド・ファミリー㈱の広報ブログです。

子供が英語を話せるようになる方法まとめ ~バイリンガルキッズの育て方アンケート~


いやー、増えてますね!

 

衝撃的なほど流暢な英語を話す子供たちがっ!!! Σ(゚Д゚;)

そんな、ものすごい英語を話す子供たちの「衝撃映像」をDWEユーザーのママさん達がYouTubeにUPしてくれましたので、今日はまとめてご紹介致します!(お子様たちの年齢はビデオ撮影時のものです。)

 

◆テレフォンイングリッシュで火山の話。
 川上 拓土くん(6)/岡山県

◆雪まつり絵画コンテストについて語る。
 三宅 まひろちゃん(9)/北海道

◆5歳で英検準2級合格!
 富所 颯太くん(5)&優太くん(3)/東京都

◆こんなに話せたらいいですね!
 杉田 真彩ちゃん(10)/東京都

◆7歳で言いたい事が何でも英語で話せます。
 押 舞桜ちゃん(7)/福岡県

◆DWEの先生と音楽の話題で盛り上がる!
 吉田 純くん(9)/東京都

◆DWEの英語イベントでネイティブ先生と!
 石塚 輝幸くん(8)/東京都

◆通訳は息子におまかせ!恒田結人くん(9)/大阪府

◆白雪姫は何て?恒田和奏ちゃん(6)/大阪府

◆6歳で英検準2級合格!清水蒼駿くん(7)/広島県

 

 

・・・・・もう、何も言えませんね。 (´ヘ`;)

 

 

 

彼らの英語力は本物です。

 

 

一体どうしたら、彼らのような英語力を身につけることができるのでしょうか?

 

 

そこで!

彼らを育てたママさん達にその秘訣を緊急アンケートしてみました!!

 

 

そうしたら、わかったんです! Σ(゚∀゚)ピコン!

 

 

 

彼らには、なんと!
8つの共通点があるということが!!!

 

これからDWEを始めようとしている方、もう既に使い始めている方。

 

先輩ママからのヒントにもなると思いますので、ぜひ参考にしてみてください!!

 

 

ではいきます。 

 

【共通点1】ほとんどのご両親は英語が話せない(かなり苦手という方が大多数)。

「自分自身が話せないから、変な発音の英語を教えることもなかった。それが良かったのかも?」というご意見も。たしかに、英語が話せないご両親のお子さんほど、英語が得意になっているケースが多い気がします。不思議ですね~。

 

【共通点2】なるべく小さいうちにDWEをスタートしている。

「興味があるから日本語を勉強した、という日本人はいませんよね。だから英語も子供の興味うんぬんではなく、とにかく早めにやらせちゃえ!って始めました。それがかえって良かった」というご意見もありました。

 

【共通点3】とにかく毎日、DWEで英語を聞かせまくった!

「子供が聞いていてもいなくても、とにかくCDを切らずに流し続けた」というご意見が大半でした。子供はどうせ一つのことに集中したりしません。それでも、かけ流し続けることで「勝手に耳に入っていたと思う」とのことでした。「リピート機能のお陰で、親も楽でした」なんて方も ^^; 

 

【共通点4】ワールド・ファミリー・クラブの英語イベントに数多く参加した!

「クラブのイベントに参加するとDWEで知っている英語がたくさん出てくるから子供のやる気が目覚めました!」「イベントの後は、自ら進んでDWEのDVDを見て、先生たちのマネをしていた」など、DWEとの相乗効果があったので積極的に参加した、というご意見が多かったです。 

 

【共通点5】早い時期から、テレフォン・イングリッシュを利用してきた。

「自宅に居ながら、外人の先生とDWEを一緒に進めている感じになる」「毎週ネイティブの先生と電話でお話できたので、外国人に対する免疫が出来た!」「フリーカンバセ―ションで自分のいいたいことを英語で表現できるようになった」「DWEで身に付けた英語がテレフォン・イングリッシュを通じて、話せる英語になった」など、テレフォン・イングリッシュの重要性を語るママさんが多かったです。

 

【共通点6】留学や英語教室など、他の英語教育はほとんどしていない。

 意外なのがコレ。みなさん「とにかくDWEだけを集中してやらせた」とのこと。「イベントやテレフォン・イングリッシュなどでネイティブの先生と話すチャンスはいくらでもあるし、他のことをやる必要を感じなかった」というご意見もありました。

 

【共通点7】全員が「英語」だけでなく、「日本語」も得意。

「英語が大好きなので、英語が話せる人には英語しか話しません。逆に親は日本語しか話せないとわかっているので、私には日本語でしか話してきません。」「兄弟間では遊んでいる時はずっと英語で話しています。でも親や友達にはちゃんと日本語で会話をしています。」など、当たり前ですが 彼らも普段はふつうの日本人の子供なので、日本語もちゃんと話します。

 

【共通点8】親が褒めてきた。

「自分が英語を話せないので、息子が英語を話したら、とにかく褒めまくりました!」など、DWEを使っている時は「褒めて伸ばす!」というタイプのご両親ばかりでした。

 

 

実は、私がこれまでに出会ってきたバイリンガルキッズ達全員が「ごく普通の家庭」で育った子供たちばかりなのです。

 

ご両親は英語が苦手な方がほとんどですし、特別に留学やインターナショナルスクールなどに行かせたわけでもありません。

 

でも、適切な時期(生後なるべく早い時期)に良質で楽しみながら学べる英語環境を与えてあげさえすれば、誰でも話せるようになるのではないでしょうか?

 

私たちが日本語を話せるようになったのと同じように。

おしまい。

 

☆ディズニーの英語システムを詳しく知りたい方へ☆

日本人の両親から生まれ、一度も海外に行かず、ごく普通の日本の家庭で生活しながらバイリンガルになった 子供たち。彼らが小さい頃から使ってきた ディズニーの英語システム(DWE) 詳しい資料教材の一部抜粋版が入ったサンプルをプレゼントしています!
 f:id:worldfamily_PR:20170605132647p:plain
希望される方はこちらからどうぞ! → 無料サンプル申込

 

 

関連記事


彼らがどのように話せるようになっていったのか?小さなバイリンガルキッズ達の成長記録はこちら↓

pr.dwe.jp